エンタメ・芸能

指揮者【山脇幸人の経歴や学歴】プロフィール!仕事を始めたきっかけは?

※本ページはプロモーションが含まれています

 

新進気鋭の指揮者として活躍する山脇幸人さん

ここでは、山脇幸人さんの経歴や学歴・プロフィール、そして、指揮者になったきっかけについてまとめていきたいと思います。

 

山脇幸人のプロフィール

名前:山脇幸人(やまわき ゆきと)
生年月日:1992年5月8日
年齢:31歳
出身地:宮崎県
職業:指揮者

宮崎県生まれ31歳。

新進気鋭の指揮者として活躍する山脇幸人さん。

 

山脇幸人の学歴と経歴は?

出身高校や大学

山脇幸人さんの出身高校は、延岡高校です。

偏差値:58~62

延岡高校は、延岡市にある公立の共学校で、進学校としても有名です。

卒業後は大半の生徒が「宮崎大学」「鹿児島大学」「熊本大学」などの地元の国公私立大学に進学し、難関大学などにも多くの合格者を出す有数の進学校です。

同校の主な卒業生は、歌人の若山牧水やSBSホールディングス代表取締役社長の鎌田正彦さんをはじめ、多くの有名人を輩出しています。

出身大学は、東京藝術大学音楽部指揮科です。

 

主な経歴・受賞歴

山脇幸人さんは、東京藝術大学の出身であり、指揮法を尾高忠明、下野竜也、山田和樹、ヨルマ・パヌラ、チョン・チユンの各氏に、そしてピアノを江口玲氏に師事しています。主な経歴や受賞歴は次のとおりです。

・ロンドン・クラシカル・ソロイスツ指揮者コンクール第1位。
・1回マスタリング・ヨーロピアン・マスターズ国際指揮者コンクール第2位。
・元NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ氏のアシスタントを務める。
・東京藝術大学卒業後、ミュンヘンに渡り、名門バイエルン州立歌劇場研修生として研鑽を積む。
・国立ミュンヘン音楽大学にて数多くのコンサートに出演する。
・声楽家の共演ピアニストとしても活躍する。
・東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ、多くの交響楽団で指揮を執る。
・NHKラジオ番組「すっぴん」に出演し、トーク及びピアノ演奏をする。

数々の活躍をされ、受賞歴もすごいですね。

この若さでこれだけの活躍をできる人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

山脇幸人が指揮者になったきっかけは?

山脇幸人さんは、母親の影響で3歳からピアノを弾き始め中学からは吹奏楽を始めたそうです。

指揮者になったきっかけは14歳の夏に、中学校の吹奏楽部の先生から、「君が大学に入るまでの5年間をプロデュースするから、指揮者になってみないか」と誘われたことがきっかけだと話しています。

その一言が無ければ、今の自分はなかったと語っています。

山脇さん自身は、吹奏楽部でずっと打楽器をやっており、先生からは「君はリズム感が県で一番いい」と褒められ、先生は打楽器のプロの道に行かせようと考えていたという。

しかし、先生は楽器で収まる子ではないと考え、指揮者にさせようとなったという。

山脇幸人さんは、恩師の先生が亡くなってからも、本番前にはケースに入れた指揮棒に「先生行ってくるよ」と言っているそうです。

その指揮棒は、先生が練習の時に使っていたものを亡くなってから貰い、全国を回りながら指揮棒に声をかけて本番に向かうそうです。

師弟愛が感じられますね。

 

山脇幸人の結婚や嫁・子供は?

山脇幸人さんの結婚や、奥さん子供さんについて調査をしましたが、いずれも情報はありませんでした。

結婚についてのTwitterやインスタにも家族らしい投稿は無いことから、結婚していた可能性は低いと考えられます。

31歳という年齢からも、独身であったと推測されます。

 

まとめ

指揮者【山脇幸人の経歴や学歴】プロフィール!仕事を始めたきっかけは?

について書かせていただきました。

貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。

 

関連記事

指揮者【山脇幸人の死因】はなに?原因は事故や病気・コロナワクチン接種による突然死?